Back 最適化投資工房 レンジ展望 市場サマリ





五 十 音 索 引









- -


- - -


相 場 格 言 集


ものが不足すると当然我先に買い手が殺到しそうですが、実際には人間には知恵があって、それに備える方策を立てたり、そうした状況に生活をあわせたりして、思うほどは買いが進まないと言うことがあります。
物事は一筋縄ではいかないから、斜めから見てそう言う動きも見極める必要があります。


五十音順 前後の格言

希望は大きく、準備は細心に
望めない大金を望んだり、欲得で無謀に期待値を上げたりするのは厳に慎むべきことですが、希望・期待は相場に限らず何を行うにも持っていないと励みと言うものがなくなります。
そうしたモティベーションを保つための希望は大きく持つ方が良いことですが、そう言う気持ちでテンションだけが勝手に上がってはまずいことです。
その希望を育てるためになすべきことは注意深く根気良く取り組まなければなりません。
根気強く続けるために希望があって、希望をしっかり潜在意識に植えつけるために根気と努力が要る・・まさに両輪の関係にあります。

逆日歩に買いなし、逆日歩に売りなし
逆日歩とは買い手が足らないほど売り手過剰の状態です。
こう言う時にはそれ以上の売りも買いも普通では発生しないので手出しは厳禁ということになります。

強弱の上手、商い下手
実は価格動向の研究では人に語れるほどの必勝法と言うものは全く存在しません。
しかしそれをつい語ってしまうと言う間違いを犯す人は結構います。
そう言う人の実際のトレードはと言うと言うまでもないものです。

強弱より運用を学べ
準備中

恐怖の来るは青天の霹靂の如し
大暴落は突如として来るという意味です。
誰もが予期できるような形で起きる大暴落なら大暴落にはならないかもしれません。
寝耳に水で襲われるからみんなが慌てて、その連鎖でさらに大きなクライシスに突入してゆくのです。
つまり全員が冷静さを失ってしまっていると言う意味では、そう言う場面でなおも冷静さがたもてていれば、チャンスが見える可能性があります。

強弱より運用を学べ
テクニカルアナリストと言う肩書きがありますが、相場動向を判った気になっていつまでも論じるような馬鹿げたことはやめて、実際の売買や資金管理を習得するほうがよほど重要なことです。
利益を上げてこその相場研究です。
アナリストと言われる人たちの論理よりも実際の成績に興味を持ってみてはいかがでしょう。
アナリストはこう言う記事は決して本気では読まないので、ここなら少しくらい悪口を言っても大丈夫です。

玉整理知りつつも、自分も整理され
銘柄に関心が高まると、信用取引の売り買い注文が増し、やがてその増えたものの返済が進みだすと、その返済が期日に向けて加速してゆきます。
整理とはそう言う状態ですが、その加速度に対してうかうかしているとすぐに手持ちの玉が価値を失うと言うことです。
情報とその理解、迅速な対応の重要性ということでしょうか。

記録破りは相場の変わり目
単純にとらえれば、相場の記録が破られると、参加者の心理が動くタイミングですので、人々がトレンドの転換をもたらすような行動にいっせいに走ることが予期できると言うことになります。
しかし記録破りによる相場の変わり目には単にトレンドの反転と言うより、むしろ相場の性質の転換と言う性格が表れることが多いようです。
記録を破った後に同じトレンドが続いていても、反転しても昨日までの相場観で見ていては見立てに不都合が出てくる可能性があります。

記録破れば高峠
それまでの記録を破ったところが天井だと言う意味ですが、記録の計算に期間を考えなければならないところが難しいところです。
10年に一度の大相場が来ていたら過去一年の記録を基準にしていたのではとても太刀打ちできませんし、逆であればついつい転換を見落としてしまうかもしれません。
どのサイクルを適用すべきかを見抜くには経験と知識が必要です。

木を見て森を見ず
目の前で暴落が始まっているように見えても、更に多くの情報を集めてみたら、それは(実際には)大きな上昇のための利益確定などの調整で、上昇ポテンシャルの集積中なのかもしれません。
「より幅広い情報」に照らしてみれば、目の前で起こっている現象だけが相場のすべてを語っているとは限りません。
見えている範囲の木が一見元気そうでも、その時すでに森の大半が悪い病原菌や寄生虫に侵されていたならば、いずれ森は元気だと言う自分の見立は「森の死」と言う悲惨な結果で打ち砕かれるかもしれません。
断片的な事象で判断せず、トータルな情報から読み取れる範囲の連関性・相関性は意識する必要があります。
「風が吹いて桶屋が儲かる」的な思いもかけない結果を招くような現象は相場では日々頻発しています。


金融・投資用語集

システムトレードを実践する上での基本的な知識と注意点です。
テクニカル指標を使った自動売買を主に想定しています。

相場格言集

日経225先物とTOPIX先物を同時に反対ポジションで取引する手法で、世界三大利殖法と言われる「裁定取引」にも似たトレード手法です。 }

投資手法集

自動売買の定番メタトレーダーでの実践の基本編で、ここではMT4による日経225のチャート表示の方法を解説しています。 } ?>


  休み明けの相場展望
ダウンロード会員
インジケータシグナル
実用投資ワード網羅
  株式先物サマリ
市場ニュース
経済イベント
225先物レンジ
225予想投票
  FXレンジ予想
ドル円予想投票
FXソフトリンク
利殖ソフトリンク
先物ソフト
  定番テクニカル
ワイルダー指標
バンド系指標
移動平均素材
パターン分析
  株価先物四本値
MT4チャート表示
エクセル自動売買
日経平均CFD
225オプション
  ストラテジ(戦略帳)
マーケットプロファイル
システム トレード帳
NT倍率サヤ取り法
日経平均株価参照集
  投資の黄金律
金融 経済辞典
先物三百年
一攫千金トリビア
売買サインルール
  • このサイトは市場研究の無料参考資料集です。投資の勧誘等は目的ではありません。
  • 投資の最終判断は必ず自身の責任で行ってください。投資結果への責任は負いかねます。
  • 情報の有効性・優位性には常に留意していますが、それらを保証するものではありません。
最適化投資工房
サイトについて 著作権について プライバシーについて お問合せ
Copyright ©2005-2017 orange2.net All rights reserved