Back 最適化投資工房 レンジ展望 市場サマリ






五 十 音 索 引









- -


- - -


相 場 格 言 集


八木虎之巻にある言葉です。 「けなり」と言うのは他人を羨むことです。 「けなり買い」とか「けなり売り」と言うのは自分の利益や損失を他人のトレードと比較し、ひがむような気持ちですトレードすることです。
つまり、自分のトレードとは本来無関係であるはずの他人のスタイルと自分の方法を、勝ち負けのたびにいちいち比較するようなトレードを言いますが、他人を意識すればするほど自分のトレードはその「けなる」心によって崩れてゆくものです。
他人と比較すると言う事は自分を疑っていると言う事でもあります。
トレードは真剣勝負、本来疑いの心を持ちながら取り組めるようなものではありません。
周りに心を動かされないトレードを心がけるべきです。



五十音順 前後の格言

罫線張りは盲目張り
一寸先の見えない相場の世界では一般のトレーダーは盲人同様です。
そこでテクニカルを使えば先が見えると勘違いしてテクニカル万能のような言い方をする人がいますが、そう言う人は相変わらず自分が盲人のままでいることに気づいていません。
テクニカルを有効に使うにはその使い方を見通せる心の目をそだてなければならないのです。

罫線屋、罫線引き引き足をだし
コンピュータの普及によってトレーダーは複数のテクニカル手法を組み合わせて判断していますし、実際の相場は一つの手法で見極められるほど単純なものではありません。
しかしそんな時代であるいまなお自作のトレードツールを自画自賛するような使い方をしているような投資家もいます。
テクニカルの魔物は計算式と、結果が数値で示される過去検証です。
自画自賛派はだいたいそれを過信してしまい、そのこだわりが損失を生むのです。

ケイ線を過信するな
テクニカルと言うのは数字数式を用いていますし、過去の勝率検証などもしっかり行っているものがほとんどなので、一定の期間勝率を残したものには信頼感を過剰に寄せてしまうと言うけいこうがあります。
しかしテクニカルの本質は相場の真理を見つけるものでなく現在の相場における有利なタイミングを探ると言う目的のものなので相場の変貌にあわせて使い分けてゆく必要があるモノなのです。
テクニカルはうまく行く方法をいろいろと試すためのツールとして計算式を使っているだけで、金融工学のような数学や科学を使っているものではありません。

激水の石を漂わすに至るは勢いなり
相場の流れも勢い余れば普通では動くはずのないものまで動かしてしまいます。
動くはずのない銘柄が動いたり、突き抜けるはずのない天井や底をあっさり突き抜けたりするものです。
勢いが増してきたら何が起きても慌てずに対応できる冷静さがますます求められます。

決して相場巧者となるな、まして場面巧者となるな
ある種の相場や特定の場面において器用に売り買いできる・・と言ったようなたった一つの技巧のみで相場に勝ち続けることは困難です。
売買手法の構築には幅広い視点から幅広い相場形態に対応できるようなものを見つようとする努力が要ります。

獣を追うもの、目に大山を見ず
準備中

現在割安な銘柄か、将来の高成長を考慮すれば時価は割安になることが確実な銘柄だけを買え
説明の必要のないそのままです。
今割安なものを見つけたら買う、将来の成長性に照らして今の値段が割安だと判断したら買いだということで、銘柄選びでは将来の成長性と株価の相対価値が大事だと言うことです。

賢者は考えを変えるが、愚者はけっして変えない
相場が決して一本調子ではないと言う実態が呑み込めてくると、それに対する柔軟さの必要性がわかってきます。
しかし実際には柔軟な対応と言うものは一本調子の対応に比べて非常に困難な道なので、わかっていてもついつい安易な方法に進み、ひとたびそちらの道を選ぶとそれにこだわりがちです。
しかし相場に対しては柔軟な心を根気良く育てて、こだだわりを捨て、柔軟さ自体はずっと持ち続けることが成功の鍵なのです。

賢者は聞き、愚者は語る
相場においての研究と言うものは何時までたっても常に過渡状態なのです。
わかったような気持ちになって語りたいのは良くわかりますが、そうそう単純な結論は実際にはありません。
過渡状態である限りそれをさらに堅牢なものにしたいと努力を続けるのがトレーダーと言うものです。
そのためには参考に成りそうな情報を集める事のが大事で、当然ながらあれこれ語りたい気持ちを優先しているはずです。
評論家やアナリストの言葉を信頼するかどうかは、私の場合はその方のトレード経験を重視しています。

憲法に両建なし
両建てとは売り買い両方のポジションを持つことで、儲かった分だけ損しているから無意味なトレードです。
鞘の研究者の個人的意見としては馬鹿げた手法としか言いようがありません。
それでも使いようがあるぞと言う向きもあるようですが、理解していない人の発言としか思えません。
手数料を倍払って、切ってしまえばよいものの(わざわざ)反対のポジションを取っているわけですから・・・。


金融・投資用語集

システムトレードを実践する上での基本的な知識と注意点です。
テクニカル指標を使った自動売買を主に想定しています。

相場格言集

日経225先物とTOPIX先物を同時に反対ポジションで取引する手法で、世界三大利殖法と言われる「裁定取引」にも似たトレード手法です。 }

投資手法集

自動売買の定番メタトレーダーでの実践の基本編で、ここではMT4による日経225のチャート表示の方法を解説しています。 } ?>


  3月27日の相場展望
ダウンロード会員
インジケータシグナル
実用投資ワード網羅
  株式先物サマリ
市場ニュース
経済イベント
225先物レンジ
225予想投票
  FXレンジ予想
ドル円予想投票
FXソフトリンク
利殖ソフトリンク
先物ソフト
  定番テクニカル
ワイルダー指標
バンド系指標
移動平均素材
パターン分析
  株価先物四本値
MT4チャート表示
エクセル自動売買
日経平均CFD
225オプション
  ストラテジ(戦略帳)
マーケットプロファイル
システム トレード帳
NT倍率サヤ取り法
日経平均株価参照集
  投資の黄金律
金融 経済辞典
先物三百年
一攫千金トリビア
売買サインルール
  • このサイトは市場研究の無料参考資料集です。投資の勧誘等は目的ではありません。
  • 投資の最終判断は必ず自身の責任で行ってください。投資結果への責任は負いかねます。
  • 情報の有効性・優位性には常に留意していますが、それらを保証するものではありません。
最適化投資工房
サイトについて 著作権について プライバシーについて お問合せ
Copyright ©2005-2017 orange2.net All rights reserved