Back 最適化投資工房 レンジ展望 市場サマリ





五 十 音 索 引









- -


- - -


相 場 格 言 集


チャンスは使い主を知らないし、それを有効に利用する人を選ぶこともしないので、こっちで選んでやらなければいけないと言うことです。
チャンスは放っておけば勝手にくるものではないのです。


五十音順 前後の格言

半値戻しは、全値戻し
これは相場を観察した経験則から述べられたものです。
前回の転換点から上昇した分の半分も戻すようなエネルギーがあるなら、その勢いで全部戻して一旦帳消しになってもおかしくないと言う意味です。
こうした諺では投資家の心理を読むと言うことを繰り返し指摘していますが、大きく上げた値の半分も戻してみようと言う心理を考えてみれば、せっかく上がったのだから何とか食い止めたいと言う気持ちと、大きな下げを見てそれに狼狽して追随しようとしたり、その狼狽売りを見て一旦リセットして仕切りなおさなければ値段がつかないと言った判断が働くことも想定できます。
そうした投資家の心の動きから値動きを追えば、半分戻したからには一回出発まで戻すことも往々にしてありうると考えるべきだと言うことです。
実際にある程度正確に現象を見るには、市場心理を読んで相場相場の癖や全値戻しのパターンの兆候などを見つけられるような経験が必要です。

引かれ腰は弱く、利食い腰は強く
引かれとは損切りのことで、損切りの際にはあまり考えすぎたり、強い粘りを見せて取り組む必要はない、あるいは粘り腰を強くして損切りに向かうとかえって危険であると言った意味かと思われます。
これとは逆に利食いの場合にはあまり淡白にあきらめるなと言うことかと思います。
一定の含み益があるならトローリングストップなどのリスク管理をしつつ更なる利益の伸長を見極めるとか、一旦利食いの後更なる仕掛けのタイミングをじっくり待つなどのテクニックを使って出来るだけ利益を育ててから食べると言う方法も視野に入れろと言うことでしょう。
利食いで粘るには経験と精神力が必要ですが、経験が増してくると利食いでの粘りの必要性もそれぞれの感覚の中でわかってくるものです。
またとても重要なことですが、利食いと損切りではそこに「心のメリハリ」をつける必要があります。

引かれ玉は投げよ
損切りは速やかに処理するべきだと言うことです。
相場における「諦め」の重要性を言っています。
「あきらめ」とは「(悟るべき対象を)あきらかにする」と同源の仏教語です。
日常語でも「諦めろ…、」と「悟れ…、」これらは同じような意味合いで使われることがあります。
経験や理屈に照らして損失があきらかな相場であっても、人情としてもう少しその損玉が化けるのを期待して育てたい、あるいはここで切るのはもったいない、奇跡が起きないだろうか、と言う気持ちは繰り返し沸き起こるものです。
しかし理(ことわり)や経験上あきらかなものを諦められないと言う矛盾は、判断をためらった僅かな時間ロスが大きな損失に結びつく相場と言う厳しい世界では非常に危険なものです。

引かれ難平は素寒貧に連なる
準備中

人が売る時に買い、人が買う時に売れ
ウォール街の格言らしいです。
行き過ぎた人気で買いムードや売りムードが蔓延しているときこそ、その逆を狙えと言うことです。
真理ではあるのですが、その実践にはかなりの経験と戦略が要るでしょうから、心にとどめて参考にすると言う事でしょうか。

一つ目のボタンを間違えば、三つ目のボタンが合わぬ
最初の仕掛けのタイミングを間違えてしまうと、その後の判断はなんとかしようとすればするほどチグハグなものになってしまいます。
チグハグに気づいたらいつまでもその不具合を修正しようとして逆に、リスクを広げてしまうような無駄な労力を使うより、勝ち負けに関わらず一旦リセットするほうが実は得策なのです。

人の商いを羨むべからず
特に儲かっている人の状況や利益と自分のそれを比較したり頭の中で計算してみたりするようなことはしてはならないと言うことです。
相場は自分の身の程を超えたトレードをやるとしくじるものですが、他人と比較することによって自分らしさまで崩れてしまっては元も子もないことになります。

人の行く裏に道あり花の山
誰にも荒らされていない手付かずの景色を求めるなら裏道を行くしかないのですが、当然誰も通らないところにまともな道はないので自分の力でその道を探ると言うことに成ります。
これは無理矢理開けるものではありませんから、めぐり合わせやきっかけがないとうまく踏み込めない道です。
しかしもしうまくそこに誰も知らない道を見つけたら、誰も知らなかった景色を楽しめると言う意味です。

人の噂も七十五日、株の人気はそれより短い
人気は人の嗜好を写したものですが、人間は常に新しい嗜好を求めている移り気な生き物です。
株の人気と言えども例外ではなくよほど具体的なメリットがない限りそうそう人気は続きません。
そうした人の心変わりを後から恨むような投資をしてはならないと言うことでしょうか。

人は転ぶと、まず石のせいにする。石がなければ、坂のせいにする。そして、坂がなければ、靴のせいにする。人は、なかなか自分のせいにはしない。
投資・投機は自己責任の世界で自分の意思で行うものです。
また、相手となる相場は参加者に平等なルールで動いています。
ところが、映し出す要素も多く不可思議な原理で動いている世界ですから、失敗した自分を正当化できそうな材料も比較的簡単に拾える場所です。
言い訳や正当化は屁理屈が達者なら限りなく出来ます。
しかし相場では自分自身に対して言い訳をすれば、その時点ですでに勝利を捨てたも同然なのです。
勝利の道に立ち返りたければ言い訳は捨て去ることです。


金融・投資用語集

システムトレードを実践する上での基本的な知識と注意点です。
テクニカル指標を使った自動売買を主に想定しています。

相場格言集

日経225先物とTOPIX先物を同時に反対ポジションで取引する手法で、世界三大利殖法と言われる「裁定取引」にも似たトレード手法です。 }

投資手法集

自動売買の定番メタトレーダーでの実践の基本編で、ここではMT4による日経225のチャート表示の方法を解説しています。 } ?>


  3月27日の相場展望
ダウンロード会員
インジケータシグナル
実用投資ワード網羅
  株式先物サマリ
市場ニュース
経済イベント
225先物レンジ
225予想投票
  FXレンジ予想
ドル円予想投票
FXソフトリンク
利殖ソフトリンク
先物ソフト
  定番テクニカル
ワイルダー指標
バンド系指標
移動平均素材
パターン分析
  株価先物四本値
MT4チャート表示
エクセル自動売買
日経平均CFD
225オプション
  ストラテジ(戦略帳)
マーケットプロファイル
システム トレード帳
NT倍率サヤ取り法
日経平均株価参照集
  投資の黄金律
金融 経済辞典
先物三百年
一攫千金トリビア
売買サインルール
  • このサイトは市場研究の無料参考資料集です。投資の勧誘等は目的ではありません。
  • 投資の最終判断は必ず自身の責任で行ってください。投資結果への責任は負いかねます。
  • 情報の有効性・優位性には常に留意していますが、それらを保証するものではありません。
最適化投資工房
サイトについて 著作権について プライバシーについて お問合せ
Copyright ©2005-2017 orange2.net All rights reserved