Back 最適化投資工房 レンジ展望 市場サマリ





五 十 音 索 引









- -


- - -


相 場 格 言 集


相場においては一攫千金のチャンスも確かにありますが、それは極々小さな確率で発生するもので、一人の人に一生のうちには通常ありえないほどの幸運と言えるでしょう。
一攫千金を狙うと言うのは実はあまり理にかなった方法ではありません。
安定的に勝っているような投資家はあまり勝ちばかりを意識することなく、淡々と負けない投資を心がけていたりします。
実際にはコツコツと小さな利益を積み重ねる…と言う状況を生み出しえない投資家に一攫千金と言う状況は難しいことなのです。


五十音順 前後の格言

一枚の紙にも表裏あり
物事の表側だけを見ていては、正確な予測や対処はできないと言う事です。
ちょっと裏返してみることで見落としてはならないものを見つけることもあります。
一つの面だけを見て全部分かったつもりでいると、えらい目にあったりします。
相場ではそれは利益機会の喪失となり、損失の発生・拡大となります。
ニュースの裏を読むと言いますが、額面道理の説明を一度見方を変えて吟味することが重要です。

一文惜しみの百失い
利益の目標値や目の前で取れそうな利益が気持ちの節目に僅かに足りないなどなど、自分の嗜好や意地のような僅かなものにこだわって、相場の流れを見誤ってしまうような趣味的な心持ではいずれ相場の退場者となります。

一文惜しみは天底逃し
誰しも仕舞う場面で後もう少しは稼げそうだとか、もう少しだけ損失を圧縮したいと考えてしまうのが人情ですが、そう言う気持ちに囚われすぎてしまうと目の前の相場を見る目が曇ってしまいます。
そうした迷いに陥っているうちについつい天井や底すら見落としてしまうと言うことも結構あるものです。

一夜成金一夜乞食
投資の世界では思わぬ幸運と言う事も絶対にないわけではないのでトレードを続けている限り、極めて希少ながら大きな幸運に恵まれることもあるにはありえます。
また逆にあっという間に資金を失い、その人の性格によってはどんどんと注込む資金の量を増やしてしまって、気が付いたら借金だらけになっていると言う事もありえます。
またそういう事とは別に機能の利益に喜んでいると、今日は大損失とか、昨日の損失にへこんでいると今日は思いのほか調子が良いと言う事もあるのが相場です。
投資の世界ではこうしたチャンスとリスクを冷静に把握し受け止めておくことが重要です。

一葉落ちて天下の秋を知る
何事にも「気配」と言うものがあります。
落葉が始まれば秋が近い、あるいは秋が始まったと気づく人はいますが、どうせ気づくのなら最初の一枚で気づく方が山があらかた紅葉して誰もが「秋が始まったなあ」と思い始めてから気づくよりも当然一足早く早く秋支度が出来ます。
相場ではそうした「気配」を敏感に感じ取れる感性のあるなしが大きく勝敗を分けると言う事は多々あります。
冬のような相場になってから慌てるようなことをしないためにも、(ほんの些細なフィーリングや違和感から)秋の「気配」を素早く感じとれる「感性」を(相場の観察を投資て)養うことも必要です。

一両にこだわって 百両に泣く
目先の利益にこだわるあまり、全体の相場観や資金管理をおろそかにすることで損失を膨らませてしまうことが有ります。
目の前の利益の増幅や、損失の好転に期待や思いこみから気を取られすぎて、タイミングを逸することでトータルで悪いトレードになってしまっていると言うのがもっともダメなトレードです。
目先の欲特で失敗したら、もっと大きな視野に視点を変えて取り組むと言うスタイルの転換を真剣にはかるべきです。

一割、二割は世の変動、三割以上は人の変動
相場の値動きは日常的な範囲で動くものと、仕手や事件などの人為的あるいは社会的な原因で動くものがありその見極めの基準として、非日常的な値幅が出たら気をつけろと言うことです。
つまりそれが往々にしてトレンドの節目となりうるからです。

いつ起こるかを予想するのは、何が起こるかを予想するより何倍も難しい
評論家やアナリストの予測でも具体的な時期が明示されることはありません。
何が起きるかはそれなりの情報量で予測できる場合もあるのですが、さてそれが何時かとなると膨大な情報量が対象となり、なかなか予測は難しいものです。
たとえそれが相当の信憑性のあるものであっても、予測と言うものにはその時期までは伴っていないという前提で接し、活用しなければなりません。

一貫性のない相場師は敗者
君子豹変す…と言いますが、不要なこだわりを捨てる勇気を持つことと、その時々の感情で考えがやたらに変わることとは別物です。
世の中には一貫性のない場当たり的な考えで相場に取り組んでいても、それなりに勉強している気になっていて「君子豹変す」などと自己正当化する人がいますが、相場と言うのは刹那的なまとまりのない考えで取り組めるほど甘いものではありません。
一貫した姿勢が自分自身の内面に見いだせるまでは、あくまでも勉強中と考えて、勉強中にふさわしいトレードを心がけるべきです。

一犬虚に吠ゆれば、万犬実を云う
誰かが曖昧な情報を不用意に流しても、それがタイムリーに信憑性がありそうなものなら、周りが何時しか真実として語りだすということです。
見極めは難しいですが、そう言う情報に対しては一つでも思い当たることや引っかかることがあれば慎重に捉えるべきです。


金融・投資用語集

相場格言集

投資手法集



  8月24日の相場展望
ダウンロード会員
インジケータシグナル
実用投資ワード網羅
#Covfefe
  株式先物サマリ
市場ニュース
経済イベント
225先物レンジ
225予想投票
  FXレンジ予想
ドル円予想投票
FXソフトリンク
利殖ソフトリンク
先物ソフト
  定番テクニカル
ワイルダー指標
バンド系指標
移動平均素材
パターン分析
  株価先物四本値
MT4チャート表示
エクセル自動売買
日経平均CFD
225オプション
  ストラテジ(戦略帳)
マーケットプロファイル
システム トレード帳
NT倍率サヤ取り法
日経平均株価参照集
  投資の黄金律
金融 経済辞典
先物三百年
一攫千金トリビア
売買サインルール
  • このサイトは市場研究の無料参考資料集です。投資の勧誘等は目的ではありません。
  • 投資の最終判断は必ず自身の責任で行ってください。投資結果への責任は負いかねます。
  • 情報の有効性・優位性には常に留意していますが、それらを保証するものではありません。
最適化投資工房
サイトについて 著作権について プライバシーについて お問合せ
Copyright ©2005-2017 orange2.net All rights reserved