Back 最適化投資工房 レンジ展望 市場サマリ






五 十 音 索 引









- -


- - -


相 場 格 言 集


上辺の見掛けや自分の経験からくる思いこみなどではではなく、誰の方法が本当の成功と言えるか、誰の方法が失敗しているのか、これをちゃんと正確に見定めることが重要です。
それが見極められたら成功すると見た方法は謙虚に参考にし、失敗すると見た方法は反面教師としてリスク検証をした上で教訓・戒めとしてこれも参考にすべきだと言うことでしょう。



五十音順 前後の格言

頭と尻尾はくれてやれ

初心者がチャートを見ると一番の底の転換点で買って、一番天井の転換点で売って、次はその逆のピークボトムでドテンすればこのくらい儲かるなあ…と言うような了見を抱きがちになりますが、現実にはそうした転換点での仕掛け仕舞いは非常に困難な商いです。
ところがわかりやすい山と谷がチャートに連続して現れるのを繰り返し見たりしていると、ついつい何とかして極点で売り買いしなければチャンスを逃して損してしまうと言うような幻想に取り付かれます。
現実的な方法では、どうにも成りがたい部分を何とかしようとして無駄に苦労を重ねて労力を使い果たすより、実際に自分の実力で手に入れられる部分を見極める目を磨くほうが効率的で美味しい儲けにつながります。
つまり、あまり欲をかかず、困難な部分は初めから食べられないものだと納得したほうが良いトレードができます。

当たり外れは世のならい
予想が外れる日が続くとだんだん自信喪失や売買ルールへの不信感にさいなまれるようになり、それでも無理してトレードを続けたりするとついには勝手に自滅と言う事につながってゆきます。
相場では常に心の持ち方を定めて「外れが続くこともありうることだ」とメンタルやルールに十分織り込んでおかないとストレスによる悪循環に襲われます。
そう言う想定を日ごろからきちんと肝に銘じておかないと、逆に予想が当たりすぎた時にも奢りによって自滅と言うことになりかねません。
統計的には予想が当たることも外れることも当然起こりうる日常の現象なのに、結果のすべてを過大評価、過少評価して、そうした現実離れした評価にメンタルが振り回されていては良いトレードは困難です。

当たり屋といわれたころから曲がり出し
うまくゆきすぎるとそのおごる心がついついいろいろなものを見失なわせます。
まして成功を自ら言いふらしたり、それが周囲にもてはやされたりすると人によっては考えが微妙に変わって来ます。
おごりの後に来るのがいわゆるスランプと言うやつで、これは誰にも訪れるものすが、このスランプに陥ったときの心のケアの手段をもっていないとそこから抜け出せずに終わると言うことも往々にしてあります。
打撃王・三冠王などと言われるプロ野球の名選手達もこの好成績の後のスランプとは例外なく付き合っています。
イチローはスランプとの付き合い方を熟知していたといいますが、相場をやる上でもスランプとの付き合い方を用意すると言うことは重要です。
また、トレードのモデルにしている人やルールがある場合には、その対象のスランプについても同様の備えが必要です。

当たり屋に提灯
準備中

当たり屋につけ
良く儲けている人を見たらできるのなら真似をしたいと考えるのは人情ですが、相場を自分なりに研究し、ある程度理解できるようになるとプライドや意地で儲けている人のそのもう一つ裏を読もうなどと余計な了見に走ったりします。
大した意味もないのについつい複雑に考えすぎるくらいなら、そうしたプライドや意地で曇った心を一旦リセットして、腑に落ちると感じる成功を素直に受け入れ真似たほうが、妙な了見で迷路に迷い込むよりはずっとましだということです。

当たり屋につかず、曲がり屋にむかえ
一見相場の成功者に見えても相場が変わればいつの間にかその人が相場から撤退していたと言うこともよくあることです。
その時の成功がたまたまその時の相場に乗っていただけかもしれないし、また精神的なスランプから予想が外れだすかもしれません。
成功者の方法には真に有効なものと、実はもはや劣化しているものがあるものです。
劣化したり、旬を過ぎかけたものを追いかけるより、失敗者の分析から次に有効な方法を見つけ出すほうがよほど参考になる場合もあります。

当たり屋に向かえ
成功者の方法をただ単に真似るのではなく、真似るにしても批判的な検証を心がけつつ参考にしてゆかないとその方法は決して自分の血肉にはなりません。
自分自身のアイディアや独自の有効な方法を探るには現状に満足しない心、現状に批判的な心もとても重要なものです。
そうした視点で目の前の現象をとらえることで目から鱗のアイディアが生まれたりします。

当りはずれは世のならい
人間である限り予想に「当たりもあれば外れもある」のが摂理です。
当たり外れに一喜一憂するようなことは無意味なこと、と言うよりむしろ避けるべきことであり、決して精神衛生上良いことではありません。
日々思いもよらぬことが待ち受けている相場に対しては、先ず当たりも有れば外れもあると言うような大きな視点、大きな了見で向かい合うべきではないでしょうか。

当たるも相場、当たらぬも相場
相場では儲かることもあれば損失を出すこともあります。
打率三割の首位打者と言えども残りの七割近くは失敗しています。
首位打者はホームランを捨てるとかホームラン打者は打率を捨てるなどと言われますが、成功のために捨てるべきものは捨てる知恵と勇気が必要です。
何もかも取れそうなところはすべて取ってしまおうなどと言う幻想は抱かず、真の利益を手に入れるためには損失を織り込む知恵も必要です。
勝率は五割以下でも利益ベースではプラスになるようなロジックも世の中には存在しています。

アナリストの説明できない相場がおもしろい
準備中


金融・投資用語集

相場格言集

投資手法集



  5月29日の相場展望
ダウンロード会員
インジケータシグナル
実用投資ワード網羅
  株式先物サマリ
市場ニュース
経済イベント
225先物レンジ
225予想投票
  FXレンジ予想
ドル円予想投票
FXソフトリンク
利殖ソフトリンク
先物ソフト
  定番テクニカル
ワイルダー指標
バンド系指標
移動平均素材
パターン分析
  株価先物四本値
MT4チャート表示
エクセル自動売買
日経平均CFD
225オプション
  ストラテジ(戦略帳)
マーケットプロファイル
システム トレード帳
NT倍率サヤ取り法
日経平均株価参照集
  投資の黄金律
金融 経済辞典
先物三百年
一攫千金トリビア
売買サインルール
  • このサイトは市場研究の無料参考資料集です。投資の勧誘等は目的ではありません。
  • 投資の最終判断は必ず自身の責任で行ってください。投資結果への責任は負いかねます。
  • 情報の有効性・優位性には常に留意していますが、それらを保証するものではありません。
最適化投資工房
サイトについて 著作権について プライバシーについて お問合せ
Copyright ©2005-2017 orange2.net All rights reserved